リノール酸《リノレックS》ってどんな美白成分なの?

リノール酸はフラワー油(紅花油)から抽出した美白成分で、サンスターが18年を費やして開発した独自成分です。サンスターでは、このリノール酸に「リノレックS」という成分名で呼んでいます。あだ名のようなものですね。


リノレックSのもととなるリノール酸は、ごま油に多く含まれる必須脂肪酸として知られています。コレステロール値を下げて動脈硬化を防ぐ成分として聞いたことがありますよね?サンスターはこのリノール酸にすでにある美白成分とは違った2つの効果をみつけ、リノールSという独自の美白成分として化粧品に配合しました。


このリノレックSは厚生労働省認可の美白成分として知られ、皮膚科医監修の美容本にもよく登場しますが、サンスターの化粧品にだけ含まれているので、他のスキンケアブランドでは手に入れることができません。

リノレックSはどうシミに働くの?


リノレックSには、シミを作るもととなるチロシナーゼ酵素に働きかけて「シミをつくらせない」「溜め込まない」ように促す効果があります。


チロシナーゼ酵素を分解する
ターンオーバーを促してシミを排出する


シミを作らないよう予防する成分はたくさんありますが、「追い出す」成分は少ないのです。


シミが肌内部に溜まってしまう原因はいろいろありますが、肌のターンオーバーが正常に働かずシミが表皮内に留まってしまうから。ターンオーバーを活性化させ、シミをスムーズに肌の外へ出す働きがあれば、シミを排出することも可能になります。


30代、40代と年齢をかさねるごとに肌の周期は長くなり、肌が正常に生まれ変わることができにくくなります。ターンオーバーを促す成分にも注目したいですね。