ハイドロキノンはシミに効果があるの?

ハイドロキノンは、ハリウッドのセレブ層が美白肌を維持するために使っていることで有名になった成分です。


これからできるシミを予防する成分はたくさんありますが、シミを薄くする効果は得られないものがほとんどです。
ハイドロキノンは、シミができる原因メラニンのさらに元となるチロシンとチロシナーゼ酵素の合体を防ぐことで、シミを徐々に薄くする効果が期待できます。


また、皮膚科で肝斑(かんぱん)のシミのようなレーザー治療が行えない治療に処方される塗り薬としても知られています。


ハイドロキノンの美白効果は、コウジ酸やアルブチンの100倍、「シミの切り札」と呼ばれシミを薄くするには最も優れた成分と言われています。



ハイドロキノンの副作用とは?

ハイドロキノンは、高い効果をもつと言われる反面、副作用の心配があります。
従来のハイドロキノンは、熱や酵素に弱く酸化しやすい性質をもち、肌に安定して取り込むことができません。また、濃度の高いものは刺激が強く肌の弱い方には使えないという欠点も持ち合わせています。


以前は、日本の厚生労働省では認められていなかったハイドロキノンを手に入れる為に、オークションや海外のネットショップで買い求める人があとを断ちませんでした。多少のリスクがあっても効果のある成分を試してみたい気持ちがあったのでしょうか?


10年ほど前から、日本でも濃度が2%までのものであれば、化粧品への配合が認められました。大学の准教授の話でも、5%以下のハイドロキノンでは副作用の報告はないそうです。


最近では、化粧品メーカーの浸透技術が発達したことで、
ハイドロキノンの副作用をカバーし、高い効果はそのままに肌に安定的に刺激なく使える化粧品が開発されました。

今、使っている美白化粧品や美容液に満足出来ていない方、トライアルセットで肌に合うかどうか試してみるのもいいかも知れませんね。


美容のプロも認める「新安定型ハイドロキノン」配合!

アンプルールは多くの患者の肌トラブルに接してきた皮膚科医がその経験を生かし、自宅ケアのために開発したドクターズコスメ。「美白成分は肌にきつくて使えない」乾燥肌や敏感肌の方にも使える肌に優しい処方の美白シリーズ。


独自の浸透テクノロジーで美容成分の欠点をカバー!

ピュアビタミンC・シミホワイト377・ハイドロキノンの3大美白成分を配合!国際特許取得の浸透技術により、有効成分を高浸透、シミ・くすみのない透明肌へ。高いリピート率を誇る美白コスメ。