トップページ > ルシノール > ルシノールの美白効果とは?

ルシノールの美白効果とは?

ルシノールは、ポーラが発見、商標登録している美白成分です。


コスメ雑誌や女性誌の広告で見かけるホワイトショットやホワイティシモをご存知ですか? ポーラの人気美白シリーズの多くに、このルシノールが配合されています。


ルシノールは、シベリアのモミの木に含まれる高い美白効果を持つ成分です。ポーラがそこに着目、10年の研究を費やして改良を重ね、1998年に当時の厚生省より認可を受けています。


シミは、チロシンとチロシナーゼ酵素の合体によりメラニンが生成されることでできます。ルシノールは、この2つがくっつかないよう邪魔する役割があります。ルシノールがチロシンより先にチロシナーゼに合体することでメラニンの生成をブロックします。


ルシノールと似た働きをする美白成分には、コウジ酸やアルブチンがあります。
ルシノールのチロシナーゼ酵素阻害能力は、コウジ酸の約5倍、アルブチンの約400倍と言われています。