トップページ >  シミのタイプで変わる美容液選び

妊娠中のシミに使える化粧品はどれがいいの?

妊娠すると、女性ホルモンが増加しメラニン色素を作るメラノサイトも活発になります。そのため、少しの紫外線でもシミができやすく、肌の奥で眠っているシミも肌表面に押し上げられてきます。


妊娠中や出産後のシミには、薄くする美白成分と日焼けや紫外線によるシミを予防する両方を兼ね備えた美白化粧品がおすすめです。でも、一般的な美白化粧品は、シミを作らない、予防する成分がほとんど、薄くする効果はないに等しいのです。


皮膚科でシミや肝斑治療に処方される外用薬に使われる成分にハイドロキノンがあります。アルブチンやビタミンCなど一般的な美白成分の100倍の効果をもち、シミを薄くする、消す作用が最も高い美白成分です。


ハイドロキノンは、高い効果を持つ反面、刺激が強い成分とも言われています。
最近では、このハイドロキノンの効果はそのままに妊婦さんでも使えるほど刺激を抑えた美白化粧品が市販されています。


アンプルールは、新安定型ハイドロキノン配合の夜専用と日中用美容液が、今あるシミも、これからできるシミも両方ケアすることができます。
皮膚科医高瀬聡子さんが開発し、ご自身も妊娠中、授乳中にアンプルールを使っていたほど。皮膚科医師が使っていた美白化粧品なら安心して使うことができますね。



 | トップページ |